恋人と初めてのぶらり温泉旅館への思い出

付き合ってる恋人と、初めて温泉旅館に泊まりいった時のお話をさせていただきます。
もともと私たちは、温泉ホテルで働いてる職場恋愛なのもあり、
上司が別の旅館に知り合いがいるから旅行したいならいいとこ案内できるよって言葉によるもので初めての旅の場所は決まりました。

車で大体3時間、旅館につく間の紅葉いっぱいの景色もとても綺麗で、
私も恋人も目的地までの道のりもゆったりドライブという形でたくさん写真を撮ったりしながら楽しみました。そしていざ、旅館に到着です。
わかっていたことでしたが、温泉独特の硫黄の香りがすぐ鼻につき、あぁ、自分たちの働いてるホテルとはまた違う温泉にきたのだと心もほんわかとあたたかくなりました。
周りは山に囲まれたとても大きく有名な旅館で、職場のみんなのお土産など済ませたあと、ゆっくり温泉に浸かりました。

家族風呂や混浴風呂もあったのですが、一人で温泉にはいるのが好き同士の私たちでしたので、個人でゆっくりまったりと堪能しました。
そのあとに、旅館の近くにあるラーメン屋さんで食事したり、定番の卓球で遊んだりした後に就寝。
翌朝も早起きして温泉に入り、とても満足して帰路につきました。
とにかく今でも忘れることができないし忘れたくないとても楽しかった温泉旅行でした。
そのあとも、また色々な温泉旅館に行かせてもらったんですが、やはり一番最初にいった場所が一番思い出深いです。