コンビニエンスストアのアルバイト

大学時代に最も稼いだアルバイトはコンビニエンスストアでのアルバイトです。
接客業は初めてで不安でしたが、様々な性格や格好の人と接することができ、いろんな人がいるなと勉強になりましたし楽しかったです。

また長く続けていたこともあり常連さんと仲良くなることも多く、あるお客さんの場合、言わずともいつも買う銘柄のたばこを準備したり、
普通の店員さんではやらない冷凍食品を温めてお出しするなどをすることで、喜ばれたりもしてそれが自分のやる気につながりました。
 
大変だったことは、私はずっと深夜帯のアルバイトだったため、眠気との葛藤でした。
また深夜ともあって、酔っ払いのお客さんやガラの悪いお客さんに怒鳴られた経験もあります。
また納品の数も多く仕事量の多さが大変でしたが、仕事をこなしていくたびに達成感を感じれました。
何度もやめようと思いましたが、良いアルバイト仲間にも恵まれ、4年間続けてよかったと思いますし、今では良い思い出となっています。
ちなみにアルバイト仲間の中で今でも仲の良い友人になった人もいます。